小鳥屋さん

久しぶりに、昼休みの散歩。

目的地は隣の町内にある小鳥屋さん。

以前の散歩で見つけていたが入らずじまい。

ある夜、鳥好きの友人と小鳥店の話になり

次回、寄ってレポートしようと思ったのだ。

 

 

職場の近くは、地名の通り「昭和」をあちこちに

残している。以前はおそらく市場であった雰囲気の路地に入ってみる。

f:id:yukopin601:20171121232352j:imagef:id:yukopin601:20171121232409j:imagef:id:yukopin601:20171121232423j:imagef:id:yukopin601:20171121232439j:image

賑わっていた頃が知りたいな。

 

神業の駐車に驚いたり。

ウロウロキョロキョロ全く怪しい・・・。

f:id:yukopin601:20171121232800j:image

 

 

振り返ると小鳥屋さんに着いていた。

掲載の許可を取っていないため、無断で店名などは載せたくないので 外観などは又の機会に。

 

外からオウムやヒナを驚かせないように

写していた。

f:id:yukopin601:20171121233519j:imagef:id:yukopin601:20171121233530j:imagef:id:yukopin601:20171121233548j:image

「中、入りなさいよー」と声がして見ると

店主の方が笑ってる・・・。恐縮しながら中に入る。f:id:yukopin601:20171122001410j:imagef:id:yukopin601:20171122001427j:imagef:id:yukopin601:20171122001446j:image

 

 

実は 小鳥は、初めてでは無い。

小さな頃 白いインコを貰ったが、あっという間に逃がしてしまい。

高校生の時、デパートの屋上のペットショップで

青とグレーが綺麗な「碧鳥」と言う小鳥を2羽飼ったが全く慣れてくれず・・・ 余り良い印象が無いのだ。

ちょっと怖いのが本音。

 

 

中ではさっきのオウム。よく見るとカゴに入って居ない。

船員さんが連れてきてもう45年だそうだ。

ほぼ同い年。

ありきたりに「コンニチハ!」と話しかけてしまいちょっと恥ずかしい。

 オウムは何か言いたげに 冷たく見つめている。

 

 

カゴから小鳥を取り手に乗せてくれた。

内心とてもドキドキしてる。

爪がちょっと痛くて温かくて

ちょっぴり飼ってみたくなった。

目の可愛いらしい羽根の綺麗な小鳥。

名前は忘れた。

f:id:yukopin601:20171121235704j:image

餌やりまで見たかったけどお昼休みが終わるので

後ろ髪ひかれながら小走りで戻る。

ああ。今日もご飯食べる時間まで削ってしまった!

そう思いながらも顔は綻んでいる。

 

さ、夜は 友達に小鳥報告だ。

 

集う場所

私が生まれた時には既に倒れて寝たきりだった祖母。不自由ながらも、いつも沢山の家族に囲まれ輪の中心に居た。それを穏やかに見守る祖父。

お正月や誕生日には親戚や友人が大勢集い それは賑やかだった。ビールの王冠のコルクを炙りヒゲやもみあげを描いて悪ふざけする父達を見て笑い転げ

子供達は前で並ばされ歌を歌ったり。

普段口数の少ない祖父が楽しそうに笑う姿を見て

張り切ったのも覚えている。

 

昨日、久しぶりに 実家に親戚が 集った。

祖母と叔父の法要の為だ。

叔母はずっと法要の事を気にしていて

各自の節目ごと

手書きで丁寧に ノートに書いてあった。

今年は

「   昭和92年 母 33回忌   夫17回忌   」

昔からしっかり者で 自慢の叔母だが 頭が下がる。

弟も山口と兵庫から駆けつけてくれた。

しかし2人共、随分と動くのが大変になっていた。

無理も無い。

父を含め兄弟みんな

80歳以上や それに近い。

久しぶりの再会にみんな涙腺が緩む。

足元もおぼつかず 感動の再会で手を握るまでが

スローモーションのようだった。

母が一言「 鈍行列車が通ります 」

最近ちょっとしょぼしょぼしがちな父だったが

兄や弟を見て シャンとしなければ!と思った様で

久しぶりに目ヂカラが戻った。

こんな機会、必要だな。

   

かつて 祖母達が過ごした仏間に、25人。

法要が終わり会食が始まった。

 

叔母は無事に気がかりを解消し 安堵していた。

弟達に思い出話をしていたが、

楽しそうに聞いている叔父達は

戦争で疎開していた頃の小さな弟達に見えた。

本当に可愛くてたまらなかった弟達だったんだね。

弟達もお姉ちゃんの望みを叶える為に無理をおして

駆け付けてくれたんだと再確認。感謝

 

帰り際、涙ながらに 叔母が言う。

「  あんた達!私より絶対先に死んだらダメだからね!許さんよ! 」お姉ちゃんの言う事は絶対だ。

三人の弟達がピリッと姿勢を正す。

歩みも気持ちも誰より凛としている90歳の叔母。

悲しい理由では無く

間を開けずみんなで楽しく集まると

約束した 素敵な日だった。

 

 

1018 生かさこさんへの道。

ここ数日、ふとした瞬間、ざわざわと心が落ち着かない。なんだろ、この緊張感。

ああ!と原因を思い出し我に帰る。

そしてまたふと 繰り返す。

 

10月18日、かさこ塾 を 主催されている

かさこさんの「  二時間ブログ術講座  」を博多で

受ける事にしていたのだ。

 

普段 夜は開催されないと聞いていた。

最近Facebookで知り合った方が口々に

「生かさこさんに会ってみてね!」とおっしゃるし 私も是非一目お会いしたいと思い申し込んだ。

 

しかし不安も。

勤めているお茶屋さんは、月3回 売り出しが有り

原則 1日、8日、18日。

営業時間は夕方18時まで。

区の境の八幡東区からどんなに急いでも

19時 博多駅前会議室は かなりタイトなスケジュール。

そんな理由も緊張の一つだった。

なるべく忘れてやり過ごす。

 

遂に明日が 売り出しと講座。

遠足前の子供みたいに前日からカバンに筆記用具をしまう。眠れないけど寝ないとな。

 

3回も売り出しが有れば、ストックが事足りる為

お客様は 買い控え、売り出しに殺到する。

この差は毎回驚く。客足が途切れるとまた緊張するのでとにかく動く。

 

普段は、早い段階で閉店準備が出来、

閉店後は即 店を出る。

基本、残業の無い店なのだ。

しかし売り出し日は、滑り込みでご来店が多い。

有難い事だが、今日は焦る。

17時54分にお客様。

笑顔が引きつってたかも。

しかし何とか定時に閉店。

社長に報告を手短にして店を出た。

大粒の雨の中、

近くのタクシー会社に飛び込んで

駅の新幹線口までお願いする。

18時4分。何とかなるかも。

 

タクシーの方と話すのは好きな方だが

今日は話す気力も無い。

スマホを見ようとしたが

もし充電なくなったら場所が判らなくなる為

カバンにしまう。

雨粒の窓を眺めながら数日前 息子がスマホで見せてくれた映画の一部を思い出す。

タイヤが太くなってものすごいスピードが出るタクシーの話。時には羽も出て目的地まで ひとっ飛び。

今日の運転手さんは技術どうなんだろ。当たりだと

良いな。

 

いや、ことごとく、信号に引っかかっている。

引っかかるタイミングに合わせているかのように赤だ。

「こんな時こそ 慌てるな」ってサインなのか?

深呼吸。

 

18時25分に駅前到着。転げるように車から降り エスカレーターに飛び乗ったが

1人分の幅しかなく

前はガタイの良い男性・・・

すり抜ける事も出来ず登り切る。

 

エントランスにスマホを眺める人だかり。

確か幻のポケモン 捕まえられるって言ってたな。

気になるけど緑の窓口へ。

時間は18分28分。

窓口の方が優しく告げる

「 博多行きはたった今 28分が 出発しました。

次は55分です。」

「えっ!!・・・・・間に合わない。」

電話は出ないと書いてあったので急いでメールに遅れる旨を連絡する。

メールだけでは不安でメッセンジャーにも送る。

 

遡って反省してみる。

「とにかく辿り着く。」ハードルを下げた。

新幹線萌えで、運転手さんに手を振るのが好きだが

今日は振らない。

お店着のまま飛び出し、ホームで呆然と佇むおばちゃんだ。

55分は意外とすぐにやって来た。

博多まで15分。

有難い。そこから会場まで徒歩4分。

日頃の運動不足を見せつけられつつ会場到着。

 

5階の一番奥。講義が進む中、そっとドアを開け

受付の方に自分の名前を指さし

チェックを入れてもらう。

空いてる席は前から二番目の

三人掛けの真ん中との事。

ハードルが高すぎて 受付の方の隣に座った。

 

程なく10分休憩。

かさこさんが通り過ぎる時に

遅刻をお詫び。

「全然良いですよ」と言って頂き

ホッとした。

 

講座終了後、一緒に写真を撮りたかったが

これも 勇気が無く断念。

 

でも「生かさこさんを見る」と言うミッションは

無事終了したので良しとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しいお茶を。

お茶屋さんに入って  5ヶ月。

茶葉の知識も増え、お客様に 「渋い、甘い、濃い」など好みを聞いて淹れる事も多くなった。

感想を、聞きながら次の参考にする。

「美味しかった」と言われると素直に嬉しい。

 

しかし お茶業界、今 厳しい状況らしい。

お茶の値段。

高くなれば茶葉も揃って美しいし

水色(すいしょく)も鮮やか。

1度きりしか美味しく出ない安いお茶に対し、

高いものは2煎 3煎楽しめて結局はお得。

いくら高いコーヒーでも2回目は出ません。

 なかなかのコストパフォーマンス。

全然伝わっていない。

 

 

お抹茶は変わらず別格にいるのに

食堂などではお茶は無料の飲み物。

黄色くて味の無いお茶。

仏事のお返しによくお茶が使われていたのも

お茶離れの原因の1つじゃないかな。

はっきり言って、美味しくない。

 

 

 

ペットボトルのお茶はとても売れている。

若い子達はジュースよりもお茶を好む傾向にあるらしいが 家で淹れた事が無い人の方が多いとか。

私達のアラフォー世代でも、冷まさずに直接熱湯を注いだり。

急須を持たない家も多いって。

 

皮肉にも海外は緑茶ブーム。もしや外国の人の方が上手に淹れられるのかも。

何だか上手く回って居ない日本茶の状況に危機感。

 

「貴女の淹れた煎茶が飲みたい」って訪ねて来て

1杯の お茶にも値段が付くような日々が理想。

コーヒーみたいに。

 

もったいない。

最近  私が一番に 家に帰る事が有る。

娘は  お出かけ。 息子は先日から始めた仕事。

築年数の長い古い平屋。 真っ暗な家に入るのは

なかなか勇気がいる。

子供たちがいる時は 門灯がついていて

それだけで  ホッとあたたかい。

 

息子は 私が娘と連日激しいバトルを続けていた

ある日から突如、学校に行かなくなった。

朝、両脇の布団に高校、中学の不登校 二人。

私も ふて寝したい気持ちに駆られながら

生きる為に仕事に行く。

 

高校の先生から仕事中「今日も来ていません」と

連絡が入る。電話に出られない時に送ったショートメール 。

 やりとりするうち先生とはすっかりメル友になった。

 

マメな連絡のお陰で単位はギリギリ落とさずに

超低空飛行   最低限だけ通う日々。

高校三年   進路の時期。

息子は料理の道に進みたいと言ったが

私は将来を考え理学療法士をすすめ、最終的に息子は私の願った道を選んだ。

卒業式の前日まで欠席し やきもきしたが

当日は 出席した。

 

 

専門学校入学後、何とか通ってくれていて安堵していた矢先、仕事中に 又も「来ていません」電話。

情けなく悲しくなった。

行ったり行かなかったりを繰り返す中

「やはり料理がしたい。」と打ち明けられた。

「自分で決めた道なら頑張れる。」と言う。

その頃、親の思い通りになる事ばかりが 良いのではないのかも。と 思い始めていた。

決められた道では生業にするのは辛いよね。

 

不安も残るが、

息子に任せる事にした。

 

 

退学後、あっという間に自分で仕事を探して来た。

それ以来、 毎日遅くまで働いている。

毎晩「今日はどうだった?」と聞いてしまう。

続けば万々歳。位で 応援しようと思いながら。

 

娘が 出掛けていた夜、 真っ暗な家に帰ろうと目をやると、  門灯がついている。

「?!」 気持ちが はやる。

玄関も開いている!   自転車も有る!   靴もある!

まさか まさか まさか!!

息子の名前を呼びながら 足早に ウチに入る。

「  ・・・ああ やはり また行けなくなったのか!!  」

考える事はマイナスの事ばかり。

聞こえよがしに  大きな ため息をつく。

 

一番奥のキッチンに息子がいた。

「ねえ?? 休んだの!!? 仕事!!」

 

小腹を満たすカップ麺を食べながら

ゆっくり 息子が言う。

「  ん? 今日は 休みだよ。カレンダー見てん。」

私がデカデカ 赤マルで休みと書いている・・・。

 

信頼する 任せると口では言いながら、

どこかで

「 また きっと 繰り返す! 」

と思い込んでいた自分に気付いて

申し訳なさと恥ずかしさでいっぱいになった。

 

電気がついてて 温かい気持ちで

帰って来れたはずの家に、

自分の失態で焦って上がり込むなんて。

もったいない事をしてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この半年。

思い違いをしてた。

学校に行かなくなった娘に、少しでも寄り添いたいと思った。一緒にいて。と言われ仕事を欠勤し

挙げ句の果てに家の近くに転職までした。

仕事中も頭から離れる事はなかった。

帰りに学校に寄って先生と話した。

何の決定打も見つからないまま日にちが過ぎ

気持ちが焦る。

こんな事をしても解決にならないのはどこかで分かっていた気がする。

でも、リストラからのマイナス始まりの六年間。忙しさにかまけ、きちんと向き合えなかった後悔がつきまとう。

そんな時、ちくさんとマミさんに出会い色んな方面からアプローチを頂き、自分の間違いを確信した。

でもすぐには動けなかった。

 

新しい仕事は郡部の役場に書類の授受をするのが主な役目だった。毎日100キロ以上運転した。

 

お昼休みは自由だったこの仕事。

途中、酒饅頭屋さんが目についた。寄ってみて駐車した車の中で食べていた。

お店のおばさんが熱いお茶を持って来て下さった。お湯呑み小さいからと二つ。お饅頭もさることながら、お茶が美味しくて、

おばさんの気持ちが嬉しくて染み入った。

それから近くを通る時は寄るようになった。その度美味しいお茶を淹れて下さる。

お湯呑みを返さなくて良いようにと途中から紙コップまで。心遣いが嬉しかった。何よりホッとする。

 

相変わらず長い距離を運転する日々。

職場環境は悪く、沢山乗る車の整備の事で揉め、

上司に話をしたその日に退職する事に。

流れから「今日で辞めます!」と言い放った自分に驚きながらも 山盛りの荷物を

自転車いっぱいに積み

腕にも車掃除のバケツを引っ掛け退職した。

ペルーの人形みたいな自分の姿に笑いが出る。

あの人形確か願い事が叶うんだっけ。

 

この仕事に変わるまでは6年お世話になった職場で

最後は欠勤ばかりし迷惑を掛けたが

本当に、良くしてもらった。

盛大に送ってもらったのに、

たったの数ヶ月足らずで辞めるとは。

紹介して貰ったハローワークに事情を話すとすぐに次の求人が数件送られてきた。

その中にお茶屋さんが有った。

お饅頭屋のおばさんのような人を癒すお茶が淹れたい!と即、面接の予約を入れた。

それからは紹介状を貰い、

次の日面接、

その場で採用を頂き

月曜に退職してから

その週の金曜には別の仕事を選んだ自分がいた。

 

今、一日があっという間に過ぎる程忙しい日々を過ごしている。

美味しく癒すお茶を淹れるには

もうちょっと修行が必要かな。

しかし楽しくて仕方が無い。

その間、子供たちの事で色々と有ったが休んだりして寄り添うのは自己満足と気づき

休むのをやめた。自分の仕事に集中。

無理にお母さん面するのもやめた。

出来ない事は出来ないと伝えるようにした。

 

夏休みに入ったが、新学期から行けるかなんて

分からない。でも私がどんな状況も受けとめる余裕が出てきた。

ふつふつ湧いて来てた後悔や不安はぐんと軽くなった。

 ちょっと歩みを緩めようと思ったお盆休み。

 

 

 

嬉しい くたくた

仕事が終わってバスを待っていた。

三歳くらいの男の子と一歳前の女の子を連れた夫婦がバス停にやって来た。

お祭りに行くんだろうな。微笑ましく見てた。

男の子は元気いっぱい。家族でお祭り。

久しぶりのバス。ワクワクするのは仕方ない。

スキップしながら

ちょっとバス停から離れてしまった。

お母さんが叫ぶ。

「バス停いないならお祭り行かない!」

バス停の隣に派出所が有る。たまたま外に出て来たお巡りさんを見て

「ほら!いい子にしてないから捕まえに来た!」

男の子は泣き出した。

切なくなった。

 

息子は、外に出ると あっという間にいなくなる子だった。いつも買い物より探すのに時間を取った。

時には店内放送で

「お母さん、息子さんがお待ちです。」私が迷子の様に呼び出されたり。

 

下の娘の最初に発した言葉。

マンマでも、ワンワンでも無く 怒り口調の息子の名前。私がどれだけ娘を抱いたまま息子の名前を呼んでいたかが伺える。失笑。

 

手首をしっかり握ったら逃げられないのでいつもその握り方をしていた。

ある日いつもの握り方で手首を繋いだ時息子が言った。

「お母ちゃん、もうどっか行ったりしないからその握り方やめて。」

「どうしていつも居なくなってたの?」

「色んな物が見たかった。」

ドキンとした。

色んな物が見たかったんだ。

 

知らなかったらイライラしたり、ハラハラしたり。

伝え方を間違うと根っこが傷付いたままだったり。

バス停のお母さん。もう少し別の伝え方が有ったのかも。と思った。

 

今日、私が入っている起業塾、萌えコンのグループコンサルで、「もし 講座を開くなら。」と問われ

他にも有ったはずなのに私は

「イヤイヤ期の子育てを楽しんで貰う講座」と言ってしまった。そう。言ってしまった。

どんどん問いを重ねる内に、今までの自分の経験。

もしかしたら全部どこかに役立って実現出来るかも・・・なんて。

ひとまず中身がスカスカなので忘れずに積み重ねて行こうと思った。

グループコンサルの後は普段使わない脳みそをムリに使うし緊張感で疲れ果ててしまうが、

その何倍も充実感が残る。

私の的はずれな答えにも、ちくさん、まみさんは

わかり易くアドバイスをくれる。

時間がかかっても、

きっと、カタチにしたいな。