再生

事件を呼ぶ女 3 ( 今ココ )

2つの仕事が始まったが 週末だけ。会う度、繁華街のママも ラーメンのマスターも私の生活を とても心配してくれて。 どちらも 「 本当は 毎日来てほしいけれど・・・ 」と 不景気を嘆く。 平日の仕事。探さないとな。 父の病院へ向かう途中でパート募集の貼り紙…

見上げる空と電波塔

仕事終わりに外に出ると、まだまだ日が高く ちょっと 得した気分になる。 雲を探して しばらく 辺りを眺める。 前にそびえる電波塔のビル。 私が6年 お世話になったとこ。 違う場所で働いていたが、 取り壊しの為、皆 移動でここに。 契約社員で、 あの頃は…

動くしかない。

父が入院して半年が過ぎた。 急性期を過ぎた為 これ以上の回復は望めないだろうと リハビリの少ない病院に転院になった。 母はすっかり落胆してしまった。 でもね お母さん。 倒れた時は生命も危なく 無事に手術が終わった後は 高熱が続き。 いつ緊急の連絡…

金刀比羅さん

父が倒れる直前に登った山がすぐ近くに有る。 遊歩道のある小さな山。 駐車場からは正味15分位かな。 神社の有る方とキャンプ場の2つの山が並んでる。 急に足が立たなくなってしばらく立ち上がれず 驚いたって話していたのを思い出す。 運動不足かと気に留め…

柔らかく まあるく

祝福してくれた周りの人を悲しませ 心配掛けた事で いつの間にか私は、 「今後 私は幸せになってはならない。」って 頑なに思っていた。 その思いが周りの関係や心を 更に軋んだものにしていたのも 自覚が無かった。 「まずは自分を満たす」 よく聞く言葉だ…

龍神様と。

小さな頃から木のフシが顔に見えたり 信号は自分の魔法で変わると思う ちょっと残念な子供。 基本は殆ど変わらず年だけ重ねた。 龍や女神に見える雲を探していつも空を眺めていたが何かの本で 「龍雲に意味は無い。たまたまそこに居ただけ。」と読み、見つけ…

もったいない。

最近 私が一番に 家に帰る事が有る。 娘は お出かけ。 息子は先日から始めた仕事。 築年数の長い古い平屋。 真っ暗な家に入るのは なかなか勇気がいる。 子供たちがいる時は 門灯がついていて それだけで ホッとあたたかい。 息子は 私が娘と連日激しいバト…

見えて来たもの。

http://yukopin601.hatenablog.com/entry/2017/07/20/234427 (↑上記の続きです) 娘は幼い頃からとてもしっかりしていて、何でも自分でやらないと気が済まないし、私が居なくても平気で祖父宅に泊まる事も出来た。余り年の変わらない従姉妹の面倒もよく見た…

私。

幼い頃から、 「優しいね」 「将来良いお母さんになる」と言われていた。 通知表にも「陰日向がありません。」 素敵な言葉。 でも何十年も何処かに違和感が有った。 結婚、育児に躓いた時、これらの言葉がずっと グルグル回っている事に気づいた。 優しくな…