助けて

1月の。( その2 )

倒れた父が搬送された病院に向かう。 救急待合の横を通り処置室へ。 意識が混濁し 時折頭を触る仕草をするが 呼びかけには応えない。 開いた目にいつもの父は居なかった。 後悔、悲しみ、恐怖・・・負の感情ばかり押寄せる。 暫く経った頃、今後について説明が…

二年前の暗闇

二人の子供達と新生活。きっと穏やかに楽しく暮らせるはずと思っていた。 離婚手続き中は実家にしばらく居たが 元夫が新居を探し、私達は住んでいた家に戻る。 途端に、娘は 「こんな家居たくない。」と夜遊びを始めるようになった。 「え?なんで? 賛成し…