思い込み

柔らかく まあるく

祝福してくれた周りの人を悲しませ 心配掛けた事で いつの間にか私は、 「今後 私は幸せになってはならない。」って 頑なに思っていた。 その思いが周りの関係や心を 更に軋んだものにしていたのも 自覚が無かった。 「まずは自分を満たす」 よく聞く言葉だ…

最終手段

父が倒れて2ヶ月が経つ。 もっと長い時間が過ぎているように感じる。 まだ 意識ははっきり戻らないが 時々ふと目が合ったり、穏やかな表情が増えて来た。 仕事帰りに短い時間でも会いに行く。 実家に近いリハビリ病院に変わったので 母の体力的負担も減りほ…

龍神様と。

小さな頃から木のフシが顔に見えたり 信号は自分の魔法で変わると思う ちょっと残念な子供。 基本は殆ど変わらず年だけ重ねた。 龍や女神に見える雲を探していつも空を眺めていたが何かの本で 「龍雲に意味は無い。たまたまそこに居ただけ。」と読み、見つけ…

選ぶ本

片付けをね、やっとこさやり始めたんですよ。 その中でね 出て来る本にこの数年を感じて。 学校行かなくなった娘に、 あらゆる手を尽くしたつもりだったけど 上手くいかなくてこれ読んで。 やってみたけど撃沈して これで気を紛らわし また落ちたら 今度は神…

言い訳はやめた。

年末31日からやっと仕事が休みになったよ!? 4日までゆっくりしたよ!? 片付け出来た?? 絵は描けた?? 結局何にも出来なかったよね? と言うか何にもしなかった。 おかしいな。休みになったらするんじゃなかった? ほーら見たことか!やっぱりね。 もう…

もったいない。

最近 私が一番に 家に帰る事が有る。 娘は お出かけ。 息子は先日から始めた仕事。 築年数の長い古い平屋。 真っ暗な家に入るのは なかなか勇気がいる。 子供たちがいる時は 門灯がついていて それだけで ホッとあたたかい。 息子は 私が娘と連日激しいバト…

この半年。

思い違いをしてた。 学校に行かなくなった娘に、少しでも寄り添いたいと思った。一緒にいて。と言われ仕事を欠勤し 挙げ句の果てに家の近くに転職までした。 仕事中も頭から離れる事はなかった。 帰りに学校に寄って先生と話した。 何の決定打も見つからない…

嬉しい くたくた

仕事が終わってバスを待っていた。 三歳くらいの男の子と一歳前の女の子を連れた夫婦がバス停にやって来た。 お祭りに行くんだろうな。微笑ましく見てた。 男の子は元気いっぱい。家族でお祭り。 久しぶりのバス。ワクワクするのは仕方ない。 スキップしなが…

見えて来たもの。

http://yukopin601.hatenablog.com/entry/2017/07/20/234427 (↑上記の続きです) 娘は幼い頃からとてもしっかりしていて、何でも自分でやらないと気が済まないし、私が居なくても平気で祖父宅に泊まる事も出来た。余り年の変わらない従姉妹の面倒もよく見た…

勘違いの日々。

http://yukopin601.hatenablog.com/entry/2017/07/13/024141 ( ↑上記の続きです。) 娘は不安定になって、まともに話は出来ない。 かと思えば 甘えて来る。 自分のせいで私が仕事を休むのを嫌がるが 行こうとすると、いて欲しいと言う。 ずっと向き合えなか…

私。

幼い頃から、 「優しいね」 「将来良いお母さんになる」と言われていた。 通知表にも「陰日向がありません。」 素敵な言葉。 でも何十年も何処かに違和感が有った。 結婚、育児に躓いた時、これらの言葉がずっと グルグル回っている事に気づいた。 優しくな…

小さな反乱。

小さな頃から周りの顔色を伺って来た。 なるべく波風を立てないように生きてきた。 姉弟の中でひっそり目立たない。 そんな私が突然 離婚したから、周りはびっくり。 ◎あんなに盛大に結婚式しといて。 ◎子供もいるのに。 ◎豊かに 生きていけない。 ◎もう一度…

二年前の暗闇

二人の子供達と新生活。きっと穏やかに楽しく暮らせるはずと思っていた。 離婚手続き中は実家にしばらく居たが 元夫が新居を探し、私達は住んでいた家に戻る。 途端に、娘は 「こんな家居たくない。」と夜遊びを始めるようになった。 「え?なんで? 賛成し…