時間

事件を呼ぶ女 3 ( 今ココ )

2つの仕事が始まったが 週末だけ。会う度、繁華街のママも ラーメンのマスターも私の生活を とても心配してくれて。 どちらも 「 本当は 毎日来てほしいけれど・・・ 」と 不景気を嘆く。 平日の仕事。探さないとな。 父の病院へ向かう途中でパート募集の貼り紙…

事件を呼ぶ女 その後。

さて。ポッカリと予定が空いた。 ちょっと考える。 父の看護を少しでも長くする為に 時短の仕事に移ったはずだった。 慣れるまで何でもやってみよう!とか 思っちゃうから 何でもやってみて 気が付けば片道1時間半以上掛けて 隣街まで仕事に行き 帰り着いた…

見上げる空と電波塔

仕事終わりに外に出ると、まだまだ日が高く ちょっと 得した気分になる。 雲を探して しばらく 辺りを眺める。 前にそびえる電波塔のビル。 私が6年 お世話になったとこ。 違う場所で働いていたが、 取り壊しの為、皆 移動でここに。 契約社員で、 あの頃は…

お墓掃除と氏神様 2018

今日は お墓掃除。 毎年お盆前に家族総出で行う。 家族が増えたり減ったりしながらも欠かさずに。 別府の鉄輪温泉に近い為、 終わると温泉で1泊するのが通例。 今年違うのは父が不在と言う事。 お墓掃除までには、ピカッと覚醒して総監督として 同行して欲し…

金刀比羅さん

父が倒れる直前に登った山がすぐ近くに有る。 遊歩道のある小さな山。 駐車場からは正味15分位かな。 神社の有る方とキャンプ場の2つの山が並んでる。 急に足が立たなくなってしばらく立ち上がれず 驚いたって話していたのを思い出す。 運動不足かと気に留め…

柔らかく まあるく

祝福してくれた周りの人を悲しませ 心配掛けた事で いつの間にか私は、 「今後 私は幸せになってはならない。」って 頑なに思っていた。 その思いが周りの関係や心を 更に軋んだものにしていたのも 自覚が無かった。 「まずは自分を満たす」 よく聞く言葉だ…

最終手段

父が倒れて2ヶ月が経つ。 もっと長い時間が過ぎているように感じる。 まだ 意識ははっきり戻らないが 時々ふと目が合ったり、穏やかな表情が増えて来た。 仕事帰りに短い時間でも会いに行く。 実家に近いリハビリ病院に変わったので 母の体力的負担も減りほ…

選ぶ本

片付けをね、やっとこさやり始めたんですよ。 その中でね 出て来る本にこの数年を感じて。 学校行かなくなった娘に、 あらゆる手を尽くしたつもりだったけど 上手くいかなくてこれ読んで。 やってみたけど撃沈して これで気を紛らわし また落ちたら 今度は神…

感謝。

神棚2つ、阿弥陀様、お地蔵様、毘沙門様、玄関には福助さんと言う賑やかな 家に育った。 お地蔵様は幼ない子供を二人失くした祖母が置いたと聞いた。 物心つく前から炊き立てご飯、お水、お茶。 頂いた物などはまずお供えする。 そしてお線香の煙に挨拶を乗…

言い訳はやめた。

年末31日からやっと仕事が休みになったよ!? 4日までゆっくりしたよ!? 片付け出来た?? 絵は描けた?? 結局何にも出来なかったよね? と言うか何にもしなかった。 おかしいな。休みになったらするんじゃなかった? ほーら見たことか!やっぱりね。 もう…

集う場所

私が生まれた時には既に倒れて寝たきりだった祖母。不自由ながらも、いつも沢山の家族に囲まれ輪の中心に居た。それを穏やかに見守る祖父。 お正月や誕生日には親戚や友人が大勢集い それは賑やかだった。ビールの王冠のコルクを炙りヒゲやもみあげを描いて…

1018 生かさこさんへの道。

ここ数日、ふとした瞬間、ざわざわと心が落ち着かない。なんだろ、この緊張感。 ああ!と原因を思い出し我に帰る。 そしてまたふと 繰り返す。 10月18日、かさこ塾 を 主催されている かさこさんの「 二時間ブログ術講座 」を博多で 受ける事にしていたのだ。 …

嬉しい くたくた

仕事が終わってバスを待っていた。 三歳くらいの男の子と一歳前の女の子を連れた夫婦がバス停にやって来た。 お祭りに行くんだろうな。微笑ましく見てた。 男の子は元気いっぱい。家族でお祭り。 久しぶりのバス。ワクワクするのは仕方ない。 スキップしなが…

伝え聴き ①

お婆ちゃんは大分の日出に産まれた。 『花は霧島 軒の井じゃ おヨネ』と呼ばれる程の 綺麗なお母さんが居たらしい。 兄妹は三人。お兄さんと妹。 お兄さんは今の東京芸大の教授。 三島由紀夫の仲人さんで、 割腹事件の時は お婆ちゃんを見舞いに来ていてテレ…