伝え聴き ①

お婆ちゃんは大分の日出に産まれた。

『花は霧島 軒の井じゃ おヨネ』と呼ばれる程の

綺麗なお母さんが居たらしい。

兄妹は三人。お兄さんと妹。

 

お兄さんは今の東京芸大の教授。

三島由紀夫の仲人さんで、

割腹事件の時は

お婆ちゃんを見舞いに来ていてテレビで知り

『三島くん なんて事を・・・』と嘆いていたって。

 

お婆ちゃんの長男は、芸術の才能が高く

叔父さんを頼って上京。

朝倉文夫先生に師事し

娘さん達に家庭教師をしながら学んでいた。

 

お婆ちゃんの旦那さんが病気で亡くなり

小さな子供を抱え途方に暮れていた時、

親孝行で働き者の人がいる。と紹介され

すぐに婿養子で入ってくれたのが、

私のお爺ちゃん。

あの時代はよくある事だった。

 

長男は、負担を軽くする想いもあったのか、

19歳で芸術を諦め、自ら志願しビルマに。

帰らぬ人となってしまった。

戦争が終わって、かなり経った頃

同じ戦場で戦った人が訪ねて来た。

とても優しく立派だった事。大切な手を損傷し

もし帰れても芸術を続けるのは難しかった事。

お婆ちゃんは泣きながら聞いていた。

 

「 時間が薬 」と言うけれど、

それが全てでは無いと知る。

お婆ちゃんも事ある毎に泣いていたし

70年以上経つ今も妹だった叔母は

お兄さんの思い出が更に色濃くなって居る。

 

毎年のお墓参り。私はいつも「おじさんの絵の才能が私にも繋がりますように・・・」とお願いしているが

到底繋がりそうに無い。

絵を思い切り描けないのは

元からの才能は勿論 こんな諦めも邪魔している気がする。

みんなの無念が渦巻いている。

 

f:id:yukopin601:20170703005445j:image(お兄さんが妹に似ていると描いた轟みちこさん)