ゆこの 『 さいの目 日記 』 🎲

コロコロ コロコロ 今日は どちらに転がりましょうか

もったいない。

最近  私が一番に 家に帰る事が有る。

娘は  お出かけ。 息子は先日から始めた仕事。

築年数の長い古い平屋。 真っ暗な家に入るのは

なかなか勇気がいる。

子供たちがいる時は 門灯がついていて

それだけで  ホッとあたたかい。

 

息子は 私が娘と連日激しいバトルを続けていた

ある日から突如、学校に行かなくなった。

朝、両脇の布団に高校、中学の不登校 二人。

私も ふて寝したい気持ちに駆られながら

生きる為に仕事に行く。

 

高校の先生から仕事中「今日も来ていません」と

連絡が入る。電話に出られない時に送ったショートメール 。

 やりとりするうち先生とはすっかりメル友になった。

 

マメな連絡のお陰で単位はギリギリ落とさずに

超低空飛行   最低限だけ通う日々。

高校三年   進路の時期。

息子は料理の道に進みたいと言ったが

私は将来を考え理学療法士をすすめ、最終的に息子は私の願った道を選んだ。

卒業式の前日まで欠席し やきもきしたが

当日は 出席した。

 

 

専門学校入学後、何とか通ってくれていて安堵していた矢先、仕事中に 又も「来ていません」電話。

情けなく悲しくなった。

行ったり行かなかったりを繰り返す中

「やはり料理がしたい。」と打ち明けられた。

「自分で決めた道なら頑張れる。」と言う。

その頃、親の思い通りになる事ばかりが 良いのではないのかも。と 思い始めていた。

決められた道では生業にするのは辛いよね。

 

不安も残るが、

息子に任せる事にした。

 

 

退学後、あっという間に自分で仕事を探して来た。

それ以来、 毎日遅くまで働いている。

毎晩「今日はどうだった?」と聞いてしまう。

続けば万々歳。位で 応援しようと思いながら。

 

娘が 出掛けていた夜、 真っ暗な家に帰ろうと目をやると、  門灯がついている。

「?!」 気持ちが はやる。

玄関も開いている!   自転車も有る!   靴もある!

まさか まさか まさか!!

息子の名前を呼びながら 足早に ウチに入る。

「  ・・・ああ やはり また行けなくなったのか!!  」

考える事はマイナスの事ばかり。

聞こえよがしに  大きな ため息をつく。

 

一番奥のキッチンに息子がいた。

「ねえ?? 休んだの!!? 仕事!!」

 

小腹を満たすカップ麺を食べながら

ゆっくり 息子が言う。

「  ん? 今日は 休みだよ。カレンダー見てん。」

私がデカデカ 赤マルで休みと書いている・・・。

 

信頼する 任せると口では言いながら、

どこかで

「 また きっと 繰り返す! 」

と思い込んでいた自分に気付いて

申し訳なさと恥ずかしさでいっぱいになった。

 

電気がついてて 温かい気持ちで

帰って来れたはずの家に、

自分の失態で焦って上がり込むなんて。

もったいない事をしてしまった。