感謝。

神棚2つ、阿弥陀様、お地蔵様、毘沙門様、玄関には福助さんと言う賑やかな 家に育った。

お地蔵様は幼ない子供を二人失くした祖母が置いたと聞いた。

物心つく前から炊き立てご飯、お水、お茶。

頂いた物などはまずお供えする。

そしてお線香の煙に挨拶を乗せる。

f:id:yukopin601:20180113180803j:image

実家を離れてからは仏壇が無いので、それは無いが

何となく申し訳無い気持ちになる。

心の中で手を合わす。

 

 神様や仏様を意識しだしたのは、祖母や叔母の影響。知らない内に染み込んでいたと言う方がしっくり来る。叔母がつけた私の名前「祐子」も

いわれを読んで、何だか納得。大切にしよう。

 

二人がいつも言っていたのが

「ご先祖さんに感謝」

何かしら気づきが有ると感謝する。

「ご先祖さん」と言われると

ちょっと前の代の人かな?おじいちゃんかな?と

何だかとっても近く感じて嬉しい気持ちになる。

 

時々不条理な事や、どうしても上手くいかない事が続くと「何でですかっ!」て、(それこそ不条理に)ご先祖さんに愚痴をこぼしてしまうけど

最後はいつも「あーやっぱりご先祖さんのお陰やなあ!感謝・・・。」

 

今日は休みで、今 娘夫婦の家に居る叔母に会いに行った。庭で満開になった蝋梅を持って。

叔母はやはり「ご先祖さんのお陰や」と喜んでくれた。

会いに行く日は必ず夢に出るらしい。

不思議な体験は数ある為、さして驚く事では無い。

 

叔母も今年91歳。大正、昭和、平成を駆け抜け新しい元号も楽しみにしている。

まだまだ聞きたい事が一杯。

 

今日も元気に会わせてくれたご先祖さんに感謝。

f:id:yukopin601:20180113210737j:image