平成最後の夏(このフレーズ使ってみる)

週末は、時々、遊園地でお仕事。

今年の夏は本当に暑かったな。

 

まずは炎天下の中、連れてきてる御両親

お爺ちゃんお婆ちゃんに敬意。

私何回連れて行ったかな。なんて反省したり。

 

初デート風の丸刈り少年達。初々しいな

コスプレ、外国の方。

みんな微笑ましい。

 

かき氷を買いに来てくれる親子。

「何の味にする?」お母さんが問う。

「うーんとね、コーラ!」

「えー!イチゴにしなさいよ」

(  聞いたのならその味にしてあげたら? )

別のお母さんは、「迷わない!決めなさい!」

(  怒らなくても・・・二色掛けるよ!!)

消え入りそうな小さな声で注文する子供ちゃん。

( うん!絶対聞き逃さないからね!)

引っ込み思案で主張が苦手だった自分と重ねて

これでショックを受けないように・・・

なんて考え過ぎかな。

 

身長が後少し足りなくて、

お兄ちゃん達と一緒に乗り物に乗れず

泣きながら待つ弟くん。

悔しいよねえ。次はきっと乗れるよ。

 

まだ遊びたい!ひっくり返って泣く。

こんな自己主張今だけだなあ。存分に!

羨ましいぞ。

おばちゃんもたまにはひっくり返って

泣いてみるかな?

 

移動販売車の小さな窓から見える風景。

色んな事を考えた。

 

f:id:yukopin601:20181007015734j:image
f:id:yukopin601:20181007015738j:image